マイホーム手放さずに借金を減額

個人再生は借金免除してもらいます。
すべての人が個人再生が適用できるとは限りません、裁判所を介して行われ複雑な手続きなどが必要になるので、他の債務整理と違い、時間と費用がかかってしまいます。
ですが住宅ローンなど残っていてもマイホームを手放さずに債務整理ができるので、状況によっては利用する人もいる方法です。
また継続して収入が得られることが証明されないとダメなので、無職の人や収入が不安定な人は認められないのです。
それと同時に住宅ローンを除いた借金の残高が5000万円以下であることも条件です。

 

弁護士さんや司法書士の方と相談して個人の再生計画つまり借金の返済計画を立てて実行していきます。
自己の収入に応じて3年間で毎月一定額を支払います。
住宅ローンを除く債務が5分の1程度まで圧縮されます。
3年間計画通りにきちんと返済をしていくと、残っている借金は法的に免除されるのです。

 

住宅ローン自体は支払い免除されたり利息をカットしてもらうことができませんから、それはそれで完済するまで頑張って市張っていかなければなりません。
また、官報に掲載されます。ただ官報は一般人が見ることはないので知人に知られたりすることはありませんから、この点は神経質にならなくても大丈夫でしょう。
それと10年間はブラックリストに名前が載っているので、貸金業者から借金ができなくなりますしもちろんクレジットカードも作ることができません。

 

ここまで来ると主婦の方も夫に内緒で債務整理をすることは不可能ですから、そうなる前になんと任意整理をするなり借金しないというような選択が必要だと思いますね。