収入がない主婦でも借りれる

貸金業法の総量規制があるために、借入れができるのは年間収入の3分の1までに決められています。
これはその昔、消費者金融(サラ金)から多額の借金をする人が増えてサラ金地獄などという言葉が流行ったように社会問題化した時代がありました。
そういった多額の借金で人生をダメにすることがない人を出さないために設けられたのが総量規制なんだそうです。

 

専業主婦の場合は、収入がないのでお金を借りたいと思っても借りることができません。
では専業主婦がお金が必要でどうしてもお金を借りなければならない時にはどうすればよいのでしょうか?
ヤミ金?
という手はありますが、でも絶対にヤミ金から借入れをしてはいけません。
そんなことはしなくても合法にもっと安い利率で借入れすることができる方法はいくらでもあるのです。

 

実は、貸金業法の総量規制が適用される借入れとそうでない借入れがあるんです。
総量規制が適用される借入れは、消費者金融、信販会社、クレジット会社からの借入れがそれに当たります。
ですから、銀行のカードローンはこれに当てはまりませんので、専業主婦の方でもお金を借りることができるんです。
ただし、借入れをする際にはご主人のご主人さんの収入の審査などが必要になるので基本的にご主人に内緒で借入れをすることはできません。

 

もしご主人に内緒で借入れをしたいのであれば、銀行のカードローンの中に借入れできる金額には上限がありますが、配偶者に確かな収入があれば同意なしに借入れが可能なものあります。
専業主婦の借入れ枠がある銀行のカードローンがおススメです。

 

専業主婦対応のカードローンを扱っている銀行
みずほ銀行
静岡銀行
イオン銀行