自己破産はよく耳にする言葉です。
借金を返せなくなったときに、真っ先に思いつくのは自己破産ではないでしょうか。

 

自己破産はご想像の通り、借金すべてゼロにすることができます。
ですが自己破産は他にまったく方法が見出すことができないときの、最終手段です。
ですから自分が所有している財産はすべて処分されてしまいますので、そうならないよう手遅れにならないうちに任意整理や個人再生などで借金問題を解決しておきたいものです。

 

自己破産をしたら、普通の人間的な生活が制限されるというわけではありません。
戸籍とか住民票に自己破産をしたというような記録は残りませんし、官報には掲載されますがほとんどの場合は第3者に自分が自己破産をしたといわない限りは知られることもないです。

 

ただし自己破産は誰でもできるかというとそうでもなくて、自己破産が認められないケースもあります。
例えば、こんなことがありました。
自己破産をすることを見込んで、自分の財産を別人の名義にしてしまったり、自己破産には様々な費用がかかってきますからその費用を準備するために貸金業者からお金を借りたりするようなこともいけません。
自己破産をする人が客観的に見て借金の支払いが全くできない状態にあることが必要です。
でも、収入がかなりあり出費などを減らしたりすることで支払いができそうな場合とか、財産を持っていてそれを借金の支払いに当てれば返済ができるような場合などもそうです。

 

自己破産は認めらても借金の免責が認められないケースもあります、免責が見とれないなら自己破産をする意味がありません。