パチンコ依存症の主婦の借金苦

主婦がギャンブルをして借金をしてしまうというのはよく聞く話です。
近くのパチンコ屋に行けば必ず一見見て主婦であるとわかる人も大勢いますからね。
時々隣り合わせに打っている人と会話になって、その人が主婦であるなんていうこともあります。

 

パチンコとか競馬でお金を使って、借金をしてしまう主婦には、結婚前からギャンブルをしていて借金をしていたりしていたのが、結婚を機にギャンブルをやめたものの育児のストレスなどから再びギャンブルに走ってしまう人も少なくないようです。
子育ても一段落して時間に余裕ができところで、旦那や子供がいない日中にパチンコ屋に行き夕方には帰宅するというパターンですから、他の家族には自分がパチンコ屋に言っていることを知られないようにしているようですね。
パチンコで借金をしてしまう主婦は、もうギャンブル依存症になってしまっている可能性があります。
止めないいけないことは分かっていても、やりたい欲求に負けてしまう、
これはもう依存症状態に近いです。

 

そうなると借金返すために、パチンコ屋通いが続いてしまい勝てばいいのですが、負けてしまえば借金の支払いを工面するためにさらに借金を重ねてしまい気がつけば200万円、300万円という借金を背負っている主婦の方もいます。
このような状態では、主婦自ら働きに出て借金を少しずつでも返していくという努力が必要ですし、もちろんご主人や親にも話してできるだけ早く借金を返すしかありません。
すぐにでも借金をなくすことができればそれが一番よいのですが、夫と自分の給料だけでは道程返済が難しいのなら、債務整理という方法で返済額を減らしていく方法もあります。
借金問題解決の相談に乗ってくれる、心強い見方が弁護士や司法書士という法律の専門家たちです。

 

ギャンブルで多額の借金を抱え込んでしまっている主婦の方は、弁護士や司法書士に相談してみてはどうでしょうか?
本当ならご主人やご両親にも借金のこと正直に話した方がよいのですが、様々な事情によりしらるのは困るという主婦の方でも、内緒で借金の返済額を減らすことも可能です。
信頼できる専門家のアドバイスを受けて、この苦しみより抜け出しましょう。