ヤミ金・サラ金の借金苦から抜け出すために

弁護士法人RESTA法律事務所
ヤミ金や消費者金融から借金による問題が後を絶ちません。

特に最近は主婦がそういった事態に巻き込まれることも少なからずあります。

 

最初はすぐに返すつもりでいたのに、利子がみるみると膨らんでしまい返済不能になってしまうというケースです。
闇金業者の法外な利息の請求だけでなく、その取立ても大変荒っぽく恐怖を感じる場合もあります。
何とか利息分だけでも毎月ようやく支払っていても、毎月の返済期日まで支払わないと「家まで行くぞ!」「お前の家族や知り合いから請求させてもらう!」
などと脅しの言葉を吐いて、取り立ても日を追うごとに厳しさを増していったという事例もあります。

 

主婦が闇金から借り入れをしているということは、夫や家族に内緒にしていることも多く、闇金業者に取立てで悩んでいることなど夫はもちろん親にも相談できずにいるものです。
家族にも知られて炊くないし、迷惑もかけなくない……

 

闇金業者からの取立てや嫌がらせをなくして、借金の問題を解決させる方法はないのでしょうか?

 

一人で悩んでいても今のままでは事態は好転しないばかりか、闇金業者の思う壺にはまってしまうかもしれません。
特に闇金業者が絡んでいる借金問題を解決させるためには、専門的な知識が必要になってきます。
なので弁護士に相談するのが一番だと思います。
闇金問題で困っているのはあなただけではありません、これまでに多くの方たちは専門家である弁護士の助けを借りてこの問題を乗り越え解決してきました。

 

でも主婦という立場上、直接、弁護士に電話したり事務所に出向いていって相談するのも気が引けるしという方は、スマホやパソコンからメールで全国どこからでも相談をすることができます。
メールでの相談なら料金はかかりませんから、お金を心配をしている方も利用しやすいです。
まずはただ耐えているだけでは、好転しませんから勇気を持って行動を起こしてみましょう。

 

↓↓無料相談はこちらからどうぞ ↓↓

 

 

ヤミ金の実態

ヤミ金は闇金とか闇金融とか言われている業者のことです。
お金を貸付する業務をしていますが、その実態は違法そのものなのです。

 

法律の定められている利息を高い利率で貸し付けていたり、貸金業者として登録もしていません。
なので闇金業者自体は違法業者であることがわかると思います。
でもどうしてそういった業者が未だにはびこっているのでしょうか?

 

それは利用する人がいるからです。
特に最近では主婦がこれらのヤミ金業者から借り入れをするケースが後を立ちません。
そして弁護士事務所や司法書士事務所にはこういった主婦の方の相談が増えているんだそうです。

 

どうしてそんなにも主婦の方がヤミ金を利用してしまうのでしょうか。
それは法改正により主婦がお金を借りることができなくなってしまったことが一つの原因のようです。
法律の改正前には、お金に困るとカード会社や消費者金融からお金を主婦も、改正後は年収の3分の1以上は借り入れができなくなってしまったので、収入のない主婦はお金を借りることができなくなってしまったんです。
(ただし、夫の同意があれば借り入れは可能)
生活費や友好費など必要になり、やむを得ずヤミ金からお金を借りてしまうのです。

 

ですが、ヤミ金には他の金融業者のように審査が必要ないので、だれでも簡単にお金を借りられるという反面法外な利益を請求され、支払い困難になって相談に来る主婦が後をたちません。
ある事例では「借りた金額の3倍も利息を請求されるので、元金の返済が一向に進まず長期にわたって利息だけ払い続けている」という度を越えた利息を取っている悪質なものです。

 

ヤミ金の無料相談はコチラ

ヤミ金融のやり方

闇金融業者はどんな人をターゲットにしているのでしょうか?
まずは消費者金融(サラ金)やクレジットカード会社など複数の業者から借金をしている多重債務者です。
限度額いっぱいまで借り入れをしてしまい、支払いできなっています。
また信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)に記載されている人たちはもそうです。
その他には専業主婦などです。
こういった人たちは合法的には借り入れができませんから、こういった人たちは最後の手段としてヤミ金に手を出す可能性があるからです。

 

ヤミ金はどうやって勧誘するのでしょうか?
闇金業者が直接訪ねてきて営業したりすることはありませんよね。
よく見かけるのが雑誌やスポーツ新聞に広告を載せたり、ホームページも作っている業者もあります。
またよくあるのが、チラシのポスティングでしょう。
なんかの理由で名簿業者流れた情報を買取、それを基にして電話やFAX、ダイレクトメールなどで勧誘する事例もあるようですね。

 

例えば、こんな実例があります。
主婦Aさんはどうしてもお金を工面する必要に迫られていたので、ある日電話帳に載っている貸金業者の広告を見て電話をしたところ、日中にも関わらず出ませんでした。
それでいったんは融資は諦めかけていたのですが、その後電話で未に覚えない貸金業者から頻繁に電話がかかってくるようになり、電話口の相手の話し方もソフトで信用してしまいすぐにお金を借りられるということで、5万円だけ借りたのです。
しかし、後の業者の利子は毎月4万円の利息を請求され、支払いができずに今度は別のヤミ金業者から借り入れをしてしまい、気づいたと金は100万円もの借金になってしまったという主婦のケースがあります。
ヤミ金を利用する人には、この主婦のように何とかなるという安易な気持ちで借金をしてしまい最終的にはどうにもならなくなってしまうようです。

 

弁護士法人RESTA法律事務所

 

更新履歴